絶対に失敗したくない方のための、二重まぶた手術法選び

メニュー

眼瞼下垂手術

こちらのページでは、眼瞼下垂手術について詳しくご紹介しています。

病気の一種!眼瞼下垂を解消

女性目の疲れや肩こりなどを引き起こしやすくなった場合、それはまぶたの病気かもしれません。
上まぶたが開きにくくなるという症状を持つ病気の一種に「眼瞼下垂」というものがあります。

上まぶたが垂れ下がってしまうと視野が狭くなり、それを補おうとするため、眼精疲労や肩こりや偏頭痛を引き起こしやすくなるのです

原因は様々ですが、先天的なものや、加齢、コンタクトの装着などの後天的な理由で起こる場合があります。
こする、よく泣くなど、日常生活の何気ない行動が原因となることもあります。

それを解消するために、「眼瞼下垂手術」があります。
手術法は「挙筋前転法」「筋膜移植法」の2種類。

挙筋前転法は、瞼板と筋肉とが外れてしまった状態を改善するために再度瞼板に固定する手術方法です。
筋肉に傷をつけることなく自然な状態に戻すこの手術法は大変高度だといわれており、この手術を行えるクリニックは非常に少ないです。

筋膜移植法は、挙筋そのものに障害がある場合に用いられる手術方法で、一般的に太ももの筋膜をまぶたに移植することで、しっかりと開くことができるようにします。
入院が必要となりますので、設備が整った病院で行うことになるでしょう。

眼瞼下垂手術のメリット

眼瞼下垂手術は、美容整形というよりも、症状改善のための治療と考えた方がいいかもしれません。
もちろん、開きにくくなった目が開きやすくなることで大きな目元を手に入れることができますが、それ以上に肩こり解消や目が疲れにくくなったことにメリットを感じる方が多いようです。

保険が利く可能性が高いので、思ったよりも安価に済ませることができるかもしれません。

>>二重手術の仕上がり比較<<

 
失敗しない二重まぶた手術ガイド