絶対に失敗したくない方のための、二重まぶた手術法選び

メニュー

LS法

このページでは、最新の二重整形法「LS法」について解説しています。

LS法は産れつきの二重に近いまぶたに出来る!?

LS法私が一番いいなぁと思った手術法が、LS法です。

LS法は、西宮市と福岡市にクリニックを構えるアーティスクリニックオリジナルの手術法。
顔をいじる手術だから徹底的にいいものを選びたい、ということで、遠方からわざわざ足を運ぶ方も多いようです。

一般的に人気のある「切らない二重手術」というと、埋没法という方法になるのですが、LS法はいわば埋没法の進化版。埋没法のデメリットである「腫れやすい」「元に戻りやすい」「まぶたの裏側が変形する」等の改善を施したものです。

埋没法は、希望のライン上1~3点を糸で強く縛る方法ですが、LS法は、筋肉の走行に沿って糸を通し、線で固定するというもの。これって、どういうことかと言うと、天然の二重と同じ構造のまぶたを作り出せるっていうことです。

当たり前ですが、人間の目は、横の方向にまぶたのラインが入っていますね?
このLS法は、そのまぶたのラインに沿って二重の線を作れるので、専門の外科医が、まぶたを裏返してものすごく注意して見でもしない限り、整形バレすることもないと思います。
正直なところ、素人が見てもすぐに手術痕が分かってしまう埋没法とは大違い。安さにつられて埋没法で手術するくらいなら、絶対こちらをおすすめしたいですね。

LS法の、もう一つのメリットは、腫れないという点。
筋肉の自然な流れに沿って施術するので、手術後そのまま外出してもバレないレベル
せっかく整形しても、休み明けに目が腫れててバレるなんて最悪ですから、こういう点は地味にうれしいですね。

>>LS法の手術例(画像)はこちら

ちなみに、LS法には4種類の留め方があり、各人のまぶたの状態に最も適した手術を行います。

■LS法ライト…元々二重のラインがあるものの、不安定なのでクセ付けをしたい方、二重がとてもつきやすい状態で、費用を抑えたい方におススメ。

■LS法シングル…
普段アイプチを使っていて、それをはずしてもしばらく二重のラインが残っているくらいの普通のまぶたの方におススメ。

■LS法ダブル…
目の上のたるみ・くぼみがあったり、腫れぼったいなど、少し二重がつきにくい状態の方や、平行型にしたいなど、二重の形にこだわりをお持ちの方。
他院で切らないと無理だと言われた方などにおススメ。

■LS法トリプル…
LS法をトリプルループさせることで、とても強いラインが持続。
年配の方やたるみ・くぼみが非常に強い方など、特に二重がつきにくい方におススメ。

詳しい料金などはこちら>>LS法料金表

LS法のここがスゴイ!

■他院で「切らないと無理」と言われた方でも!

埋没法など、切らない手術をしたいと考えていた方でも、クリニックに相談に行ったところ、「切らないと無理」と言われた方もいらっしゃるのでは。
そんな方でも、LS法ダブルだったら切らなくても二重にすることが可能

■腫れが少ない

LS法見本LS法だったら、埋没法の3分の1程度の腫れで手術を行うことが可能。
少しむくんでいるかな…という感じが1~2日程度続くだけで、手術当日から外出しても違和感がないほどです。

■痛みが少ない

二重まぶたの手術というと、痛みが伴うことが常識。
しかしLS法での手術は、痛みが少ないと口コミでも評判になっています。
手術法うんぬんというよりも、アーティスクリニックの院長による麻酔の腕に定評があるようです。

■持続力が強い

埋没法は、瞼板という場所に糸をかけますが、LS法では瞼を持ち上げる筋肉に糸をかけるため、二重まぶたの構造に近く、ラインはより長持ちします。

■安全性が高い

結膜側に露出させて強く留める埋没法は、結膜に変形を起こしてしまうため、目に違和感を感じたり目やにが増えてしまうこともあります。
LS法は表面に糸が出ることもなく、結膜の変形などの手術の形跡をほとんど残さないため、安全性が非常に高いといえます。

>>さらに詳しい口コミはこちら<<

 
失敗しない二重まぶた手術ガイド