絶対に失敗したくない方のための、二重まぶた手術法選び

メニュー

目の整形法を徹底リサーチ

こちらのカテゴリでは、目の整形方法の種類をご紹介しています。

どのような手術法がある?

手術道具私がプチ整形を考えた時、一番最初にリサーチしてみたのは「手術法」でした。
私のまぶたは、しっかりメスを入れるほどのものではないな、とは思っていましたが、まぶたの状態によって、メスを入れた方が効果的なこともあるようです。

それぞれの手術法にはそれぞれのメリットがあります。
私がリサーチしてみた手術法を比較してみます。

■LS法

アーティスクリニックオリジナルの、メスを使わない手術法です。

一般的に「切らない手術法」というと埋没法を思い浮かべますが、その違いは、「点で留める」か「線で留める」かの違いです。
LS法は線で留めるため、二重が戻りにくいことで好評。

さらに、腫れない二重手術として人気を集めています。

>「LS法」についてもっと詳しく

■埋没法

お馴染みの、切らない手術「埋没法」。

メスを使わないうえ、手術時間が10~20分と短時間です。
戻りやすいという口コミを時々みかけますが、料金もお手頃なので、初めての方にはいいのではないでしょうか。

>「埋没法」についてもっと詳しく

■部分切開

脂肪が厚く、クセ付けをするだけではすぐに戻ってしまう、という方にお勧めです。
埋没法ではできないような、くっきりとしたまぶたのラインをつくることが可能。

>「部分切開」についてもっと詳しく

■完全切開

一番オーソドックスな手術法が完全切開です。
理想的なラインをつくることはもちろん、半永久的にラインが持続します。

>「完全切開」についてもっと詳しく

■目頭切開

目を横に広げることができる手術法です。
目の小ささがコンプレックス、目と目が離れていてアンバランス、という方にぴったりです。

>「目頭切開」についてもっと詳しく

■目尻切開

たれ目やツリ目で悩んでいる方がよく利用する方法が、目尻切開です。
その名の通り目尻を切り広げるため、理想的な形にすることが可能。

>「目尻切開」についてもっと詳しく

■脱脂法

まぶたが腫れぼったく、埋没法や切開では重たい印象を解消できない場合に効果的な方法です。
腫れたように重くなっている上まぶたの余分な脂肪を取り除くことで、パッチリ目にすることが可能です。

>「脱脂法」についてもっと詳しく

■眼瞼下垂手術

上まぶたが開きにくくなる症状をもつ病気を「眼瞼下垂」といいます。

眼瞼下垂になると、眼精疲労や肩こりなどを引き起こしやすくなります。
それを解消するための手術が、眼瞼下垂手術です。

>「眼瞼下垂手術」についてもっと詳しく

■くぼみ目改善手術

先天的であったり、加齢などによってまぶたの脂肪分が減ることにより、まぶたが落ちくぼんでいる状態です。
不健康に見られたり、実年齢より大幅に老けて見られたりと悪い印象になりがちなくぼみ目ですが、形成手術で改善できるんです。

>「くぼみ目改善手術」についてもっと詳しく

コンテンツ一覧

LS法
腫れない、痛くない、戻りにくいことで人気があるLS法について詳しくご紹介しましょう。
埋没法
二重のプチ整形で、現在一番ポピュラーな方法が、埋没法です。こちらで詳しくご紹介。
 
部分切開
部分切開のメリットや受けた方の口コミなどをご紹介しています。
完全切開
こちらでは、完全切開法について、メリットや受けた方の口コミをご紹介します。
 
目頭切開
目頭切開のメリットや、受けた方の口コミなどをご紹介しています。
目尻切開
目尻切開のメリットや、受けた方の口コミをご紹介しています。
 
脱脂法
埋没法などではすぐに戻ってしまう方にお勧め。脱脂法について、メリットや受けた方の口コミをご紹介します。
眼瞼下垂手術
眼瞼下垂手術について、メリットや受けた方の口コミなどをご紹介します。
 
くぼみ目改善手術
くぼみ目改善手術について、そのメリットや受けた方の口コミなどを紹介しています。
 
 
二重まぶた手術ガイドTOPページ » 目の整形法を徹底リサーチ
失敗しない二重まぶた手術ガイド