絶対に失敗したくない方のための、二重まぶた手術法選び

メニュー

自然な仕上がりにしたい

こちらのページでは、自然な仕上がりになるプチ整形の方法をご紹介しています。

整形したことがバレないような手術を

バランスの悪い左右のまぶたを整えたり、奥二重を二重にしたりと、簡単な手術でしたら、バレない仕上がりにしたいですよね。
また、しっかり二重にしたとしても、自然な仕上がりになる施術を選びたいものです。
自然な仕上がりにするための方法には、どのようなものがあるのでしょうか?

おススメの手術法を紹介!

■LS法

自然なまぶたに仕上がる方法として、私が一番お勧めしたいのが、「LS法」です。
LS法は、アーティスクリニックが独自に扱う切らないプチ整形です。

埋没法に比べると、3分の1の腫れでまぶたの手術を行うことが可能です。

また、埋没法は希望のライン上2~3点を糸で強く縛る方法で、くせをつけることで自然な仕上がりになりますが、「腫れやすい」「元に戻りやすい」といったデメリットがあります。
LS法では、そのようなデメリットを改善。

さらにまぶたを持ち上げる筋肉に糸を線状にかけることにより、もともと二重まぶたの人の構造に近い自然な仕上がりにすることができるのです。

他にはどんな方法がある?

■埋没法

切らないプチ整形として一般的な方法が、埋没法です。

施術法は、特殊な糸を使い、まぶたの裏側から希望する二重のラインに沿って2~3ヶ所を留めるだけ。
メスを入れないため、傷跡が残らないことで、自然な仕上がりにすることが可能です。

LS法に比べると、腫れやすく戻りやすいといったデメリットもありますが、短時間かつ低価格で手術を受けられるため、「二重にしたらどうなるのか試してみたい」という方にもお勧めです。

■部分切開

全切開だと腫れがおさまるまでのダウンタイムが長い、という方にお勧めなのが、部分切開です。

方法は、希望の二重のライン上を1~2センチ程度切開し、内部での処理を行った後に縫合する方法です。

一重に戻ってしまう心配もなく、傷跡はしわと同化するためほとんどわかりません
パッチリ二重にすることも可能ですし、自然な仕上がりにすることも可能なのです。
 

 
失敗しない二重まぶた手術ガイド