絶対に失敗したくない方のための、二重まぶた手術法選び

メニュー

気軽に修正できる方法が良い

こちらのページでは、修正がしやすくメンテナンスが容易な施術法をご紹介しています。

ちょっと不安…そんな時は修正しやすい方法を

悩む女性二重まぶたのプチ整形をしたいと思っていても、最初はなかなか勇気が出ないものですよね。

切開をする方法ですと、もしも失敗したら…と考えると大変不安ですし、失敗してしまった場合、修正は大変困難です。
何度も手術を繰り返すことで、傷跡が目立ってしまったり、整形したことがバレバレ、ということにもなりかねません。

特にプチ整形が初めて、という方は、修正しやすい方法・時間がたってからのメンテナンスが容易な方法を選ぶべきかもしれませんね。
お直しが利く方法ですと、「どうなるのか試してみたい」という簡単な気持ちでも挑戦しやすいはずです。

おススメの手術法を紹介!

■LS法

お直しが利く方法といっても、あまりにもすぐに戻ってしまったり、腫れやすい方法は避けたいですよね。

戻りにくく、尚且つ修正しやすい方法ですと、アーティスクリニックオリジナルの「LS法」がお勧めです。

LS法の施術法は、まぶたを持ち上げる眼瞼挙筋という筋肉に、糸をかける方法です。
線状に糸をかけることにより、自然なラインがより長持ちします。

その反面、癒着をつくらないため、糸を取り除けばほぼ完全に元の状態に戻すことができます。
若干のクセがつくことはありますが、持続効果が高くお直ししやすいことで、挑戦しやすく無駄のない方法ではないでしょうか。

失敗してしまった埋没法をなんとかしたい、という目的で受ける方もいらっしゃるようですよ。

■埋没法

LS法と同じく、切開しないプチ整形ですので、修正は可能です。

切開をする整形では、失敗した場合は元に戻すことは非常に困難で、再手術によるストレスも受けやすいのですが、埋没法ではそのような心配もありません。

しかし皮膚に癒着を作るため、糸を取り除いても戻せなくなる場合があります
プチ整形が初めてという方は、その点も考慮し、担当医としっかり話し合ってから手術を受けるようにしましょう。
 

 
失敗しない二重まぶた手術ガイド