絶対に失敗したくない方のための、二重まぶた手術法選び

メニュー

とにかくパッチリ目にしたい

こちらのページでは、とにかく目を大きくしたい、という方にお勧めの方法をご紹介しています。

目が大きく見えるための二重手術を

目の大きな女性多少は不自然であっても、とにかく目を大きくしたい、という方もいらっしゃいますよね。
目を大きく見せるためには、くっきりとした二重まぶたをつくるか、目頭、目尻を切開し、横幅を広げる方法の中から、ご自分の目の形に合ったものを選んでいきましょう。

二重でパッチリ目を目指すなら、幅の広い平行タイプがお勧めです。
つけまつ毛やアイラインなど、メイクをしっかりと盛っても映えるため、ギャルの間でも人気のタイプです。

LS法や埋没法でもこのタイプにすることはできますが、まぶたの状態によっては切開法の方が向いている場合もあります。

おススメの手術法を紹介!

■全切開

二重で目を大きくするのなら、全切開がお勧めです。

手術法は、希望する二重のライン上を切開し、余分な脂肪を取り除いてから内部で処理を行い縫い合わせる方法です。

まぶたが非常に腫れぼったく、部分切開や埋没法などでは腫れぼったさを解消できない方にはぴったりの方法で、希望通りの二重にすることが可能。
はっきりとしたラインをつくることで、目がパッチリと大きく見えるのです。

術後は一重に戻ることもなく、半永久的な効果が期待できます。

他にはどんな方法がある?

■目頭切開

目の小ささで悩んでいる場合、目頭に蒙古ひだが張っているせいで小さく見え、腫れぼったくみえてしまうことがあります。
蒙古ひだが張っていると、目と目が離れて見えるため、アンバランスな印象に。

そんなタイプの方には、目頭切開がお勧めです。

目頭を数ミリカットして縫合するだけで、目が一回り大きく見え、パッチリ目を手に入れることができます。

■目尻切開

垂れ目ツリ目で悩んでいる方には目尻切開がお勧めです。

また、目を大きくしたいものの、目頭切開をすると目が寄り過ぎたりきつい印象になってしまう場合も、目尻切開を選択することがあります。

目尻を少し切開することで、切れ長で大きな目にすることが可能。
横に広げることにより目が大きく見え、同時に垂れ目やツリ目の悩みも解消することができます。
 

 
失敗しない二重まぶた手術ガイド