失敗しない二重まぶた手術ガイド

絶対に失敗したくない方のための、二重まぶた手術法選び

メニュー

二重まぶた手術は、どの方法がおススメ?

うつむく女性今、二重まぶた手術を検討しています。

カウンセリングに足を運んだり、いろいろと調べてみたところ、二重まぶたの手術には様々な種類があるようですね。

以下に、お勧めの方法を記載してみました。

同じく施術を考えている方に、参考にしていただけたら幸いです。

LS法

ほぼ腫れず、月日を重ねても戻りにくく、バレにくい!パーフェクトな切らない二重術です。

仕上がり バレにくさ 戻りにくさ
天然の二重と同じまぶたを作れる手術法。メスを使わない二重まぶた手術です。
まぶたを支える筋肉の流れに沿って二重のラインを定着させるため、うつむいた際や、表情を崩した際など、埋没法では手術跡が見えてしまいがちなシーンでも整形バレしません。腫れにくいことでも人気があり、土日を利用したお手軽整形も可能です。>>手術例の画像はこちら
おすすめポイント ○メスを使わず安心・手軽な上、持続性が高い
○他の方法と比べ最も術後の腫れが少ない
○自然な仕上がりで整形が極めてバレにくい

>>LS法について詳しくご紹介

埋没法

価格が低めで、手軽に挑戦できるプチ整形!その分、短期間で戻ってしまう可能性も。

仕上がり バレにくさ 戻りにくさ
「切らないプチ整形」として、一番ポピュラーな二重まぶた手術です。
メスを使わないうえ、手術時間も10~20分と短時間。
低価格で、初めて手術を受ける、という方にも挑戦しやすい施術方法です。
まぶたのタイプによってすぐにもとに戻ってしまうこともあるため、要相談。
おすすめポイント ○メスを使わず安心・手軽
○施術時間が10~20分と短い
○比較的低価格

>>埋没法について詳しくご紹介

完全切開

まぶたが厚くても、脂肪を除去するためすっきり二重に。しっかり切開するので、腫れは覚悟!

仕上がり バレにくさ 戻りにくさ
一番オーソドックスな、二重まぶた手術です。
多少不自然になってしまうこともありますが、切開した部分が二重のラインになるため、半永久的に希望のラインを持続させることが可能。
腫れぼったさの原因となっている、目の上の脂肪も除去することができます。
おすすめポイント ○効果は半永久的
○成功すれば仕上がりのラインは理想的
○まぶたの脂肪も除去できる(まぶたが腫れぼったい方に特にオススメ)

>>完全切開について詳しくご紹介

目頭切開

目頭を横に広げることで、切れ長の大きな目に。目と目が離れて見える方にお勧め。

仕上がり バレにくさ 戻りにくさ
日本人の約70%に見られる、目頭を覆ってしまっている「蒙古ひだ」をカットする方法です。
目頭を広げることで、目の小ささや、離れた目の悩みを解消できます。
パッチリとした二重まぶたにすることも可能な手術で、目の横幅が広がることで大きな目を手に入れることができます。
おすすめポイント ○デカ目効果が高い
○仕上がりはクッキリ
○両眼の間隔が広い方に特にオススメ

>>目頭切開について詳しくご紹介

脱脂法

重くたれてしまっている上まぶたの脂肪を除去することで、すっきりとした目元に。

仕上がり バレにくさ 戻りにくさ
腫れたように重くなっている、上まぶたの余分な脂肪を除去することで、すっきりとした目元に。
重たさを解消することで、パッチリとした二重まぶたにすることが可能な手術です。
ただし、脂肪が厚い方には大変効果的ですが、それほど脂肪が厚くない、という方には劇的な変化は望めないでしょう。
おすすめポイント ○効果は半永久的
○起床時のむくみや腫れを解消
○まぶたや目の下の脂肪が厚めの方に特にオススメ

>>脱脂法について詳しくご紹介

いかがでしたでしたか?
上にあげた、各種の手術を実際に試してみた人達のリアルな声をまとめているので、きっと参考になると思います!

 
失敗しない二重まぶた手術ガイド